[ ここからページに書かれている内容です ]

素材

漆と鹿革の出会い

四方を山に囲まれた甲州は、古くから漆と鹿革を産出しており、甲州印伝が生まれ育つには格好の地でした。

漆

西洋ではジャパンと呼ばれる漆

漆の語源は「潤う」「麗し」によるといわれ、時がたつほど独特の光沢を放ちます。西洋ではジャパン( japan )と呼ばれるように、日本の美を象徴する素材で、古来から様々な工芸品が生み出されてきました。

鹿革

その感触は、まさに自然の恵み

鹿革の軽く丈夫で柔らかなその感触は、人肌に最も近いといわれ、使い込むほど手になじみ、自然の感触をいつまでも楽しむことができます。また野生である鹿革は角ズレなどによるキズが多数あり、自然の模様として活かされます。